KPOPクラスを沖縄で探してる初心者の方が体験前に知っておきたいこと

こんにちは、沖縄リアンの伊狩です。「運動不足の解消に、K-POPダンスをはじめたい。」「ストレス発散の為に、好きな音楽で踊れるようになりたい。」「ずっとチャレンジしたかったけど、きっかけがなかった。」さまざまな理由で、「K-POPダンスを習いたい」と考える人がいると思います。しかしその時に気になるのは、「まったくのダンス初心者だけど、本当に大丈夫?」ということ。今回はこんな悩みについて回答したいと思います。

 

ダンス初心者さんほど、ダンス教室で学ぶのがおすすめ!

ダンスをまったくやったことのない人にとって、ほかの人と一緒にやることになるダンス教室は、とてもハードルが高いもののように思われることでしょう。周りが上手な人ばかりで恥をかきそうと思ったり、周りの人の足を引っ張らないか心配になったりする人もいますよね。しかし、実はダンス初心者さんほどダンス教室で学ぶのがおすすめなのです。

ダンスがうまくなってくると、自分自身でさまざまな応用をすることができるようになります。特に習っていないK-POPの振付でもおぼえやすくなりますし、自分でアレンジしたり創作して振付をすることもできるようになります。

踊る事にまだ慣れていない人の場合、いきなり難易度の高い振付にチャレンジしたり、応用したりするのはかなり危険です。
ただ、まったくダンスに慣れていないと、「どんな振付が初心者向きなのか」ということもわかりません。
また、ダンスに関する基本的な知識や動作方法が身についていない、ということもあるでしょう。

このような場合でも、ダンス教室では丁寧に教えてくれます。

先生がきちんと姿勢や動きを見ていてくれますし、まったくわからない人にもきちんと指導してくれます。

そして練習した「初めてのダンス」を踊り切れたら、ダンスに対する意欲もわき、「もっと色んな振付にチャレンジしたい」「自分はちゃんと踊れてるんだ」と感じるようになるでしょう。
こうなれば、新しいダンスにもどんどん挑戦できるようになります。

「ダンスにおける、初めての成功体験」をもたらしてくれるという意味で、ダンス教室は、ダンス初心者さんにもとても向いているのです。

また、周囲の人でも、みんな最初は初心者でした。
まだ慣れていないなかで一生懸命学ぼうとする人を、笑う人などほとんどいません。
場合によっては、生徒さん同士で教え合うこともあります。
「学びたい」という気持ちさえあれば、ダンス教室はだれが行っても構わないものなのです。

 

選び方のポイント1.「初心者向き」のダンス教室を選ぼう

「ダンス教室」というと、ダンスが上手な人がさらに腕に磨きをかけるために通っているという印象を持つ人も多いかもしれません。
もちろんこれらを目的とした教室もあります。リズムに合わせて全身を自在にコントロールする練習をした事のない人が、これらの教室に通うのはさすがにハードルが高いものです。

しかし、実際にはさまざまなコースがあります。

「初心者向け」「入門編」といったプランやコースを打ち出しているダンス教室を検索してみましょう。

これらのなかには、「ダンスの基礎を1から教える」「用語の説明」などを教えてくれるところもあります。
基本の下ごしらえの方法からすべて伝えてくれるところもありますから、まったくの初心者さんでもしっかりと学ぶことができます。

選び方のポイント2.  体験レッスンを受けてみる

「ダンス教室は自分に合うかどうか」は、実際に体験してみなければわかりません。体験レッスンを受けてみて、講師の方や、生徒さんの雰囲気を確かめることができるものです。

選び方のポイント3.「講師に見てもらえる環境」をつくる

英会話などでもそうですが、申し込みの段階のときに、自分のレベルを正直に告げるようにしておくと、その後の展開がスムーズです。

このときは、恥ずかしがらずに、「ダンスをほとんど踊ったことがない」「運動が苦手」というようなことを、具体的に伝えてください。

こう言われておけば、ダンス教室の方でも講師にそれを伝え、配慮することができます。

「講師の数が少なければ、初心者に気を使ってもらうのは難しいのではないだろうか」ということならば、マンツーマンのダンス教室を選ぶ とよいでしょう。
また、マンツーマンとまではいかなくても、「講師1人が受け持つ生徒は10人まで」としているダンス教室もあります。

まとめ

ダンス初心者さんにとって、ダンス教室は少しハードルが高いもののように思われるかもしれません。
しかし、基礎力をつける意味でも、意欲的にダンスに取り組めるようにするためにも、ダンス教室を利用することは有用です。

講師に注意を払ってみてもらいやすい環境を作ったりすることで、初めての人でも、楽しく効率的に、そして無理なくダンスを学んでいくことができます。

自分のスタイルとレベルにあったダンス教室を、ぜひ選んでくださいね。

ページトップへ